低用量ピルで下腹部痛を緩和できる?

 

 

子宮内膜症を発症している方というのは非常に多いです。
婦人科を受診する場合には、やはり自覚症状の1つとして痛みを挙げる方も多いでしょう。

 

子宮内膜症を発症した場合には、子宮内膜症独特の痛みですので、日常生活をおくるうえで支障をきたすことが多くなります。
しかし子宮内膜症特有の痛みがありますが、この痛みというのは色々な種類があります。

 

下腹部痛や排便痛など色々な痛みの種類があるのです。
これらの痛みの感じ方というのは個人差があるのですが、ひどい場合には市販の痛み止めでは効果を得ることができずに、痛みによってベッドから起き上がることができないこともあるのです。

 

下腹部痛や腰痛というのは、月経中にだけ強い痛みを感じることもありますし、月経数日前には痛みが出ることもあります。
人によっては月経に全く関係なく痛むこともあるのです。

 

痛みの度合いというのは子宮内膜症の病巣の場所、子宮内膜症の進行具合によっても大きく異なりますので、痛みの感じ方もまた異なります。
このような下腹部痛を改善できるとして低用量ピルのようなピルが注目されています。
ピルを上手に服用することで、子宮内膜症による下腹部痛をしっかりと緩和するようにしましょう。