低用量ピルの排便痛を予防

 

 

子宮内膜症というのは現代の女性にとっては非常に身近な病気だといえます。
この子宮内膜症の自覚症状の1つとして腰痛というのがあります。

 

この腰痛には子宮内膜症に関係しているものとそうでないものとがあります。
そこで、子宮内膜症の原因となっている腰痛、そしてそうでない腰痛について考えてみましょう。

 

まず、子宮内膜症が一切関係していない腰痛というのは安静にしていると次第に痛みが緩和されていきます。
しかし、子宮内膜症が原因となっている腰痛の場合には、安静にしていても痛みが一切静まらないことが多いのです。

 

さらに腰痛だけにとどまらず、下腹部痛であったり、排便痛といったものを感じることもあります。
このような場合には子宮内膜症の症状を引き起こしている可能性があります。
子宮内膜症は、自覚症状である腰痛ですが、子宮の中にできるはずの子宮内膜が排出されないことによって発症しているのです。

 

この病変が肛門近くになれば当然排便痛を感じるようになりますし、病変の位置によって痛みの出る部位も異なるわけです。
このような症状を軽減するためにも、低用量ピルを服用するなどして一度生理をコントロールする、というのが良いのではないでしょうか。